こんにちは。ウコッケイです🐔
私は2016年2月にPAで行われた国際青年セミナーに参加させていただきました。
その時亨進様が「非常事態の時…」と、様々な道具を見せてくださいました。
また、亨進様のブッシュクラフトの動画から沢山刺激を受けました。

※ ブッシュクラフト:自然環境の中における『生活の知恵』の総称。サバイバルは『帰還』を目的とし、ブッシュクラフトは『生活』を目的としている。‹Wikipediaより抜粋›

今回は青年セミナーで見せていただいた物の中から1種類、動画で拝見した物から1種類、自作してみました。

1つ目は「火打金・火打石とチャークロス(炭化綿)」です。野外で火を起こせなければ、呆気なく死んでしまいます。なので火起こしの道具を沢山持っておくに越したことはありません。
火打石・火打金、チャークロスは亨進様が原始的な火の付け方として見せてくださいました。また、これらを入れる袋を革で制作しました。

PhotoGrid_1473298576533


作り方は以下の通りです。火打石は鋼より硬い石であれば良いようです。私は庭に転がっていた"チャート"という石を使用しました。(ヤスリの削り方がだいぶ雑なので意味があったかは分かりません 笑)

PhotoGrid_1473263605754


しかし火打石では火花の温度が低いので、火が移りやすい火口を制作する必要があります。それがチャークロス(炭化させた綿)です。

PhotoGrid_1473264452815


途中缶の蓋が膨らんできて、慌てて火からだし蓋を開けてしまいましたが、なんとか制作できました。

それでは実践…火打石にチャークロスを重ね、火打金を打ちつけます!

PhotoGrid_1473299064871


無事成功しました🔥
野外での生存確率も若干上がりました(笑)

2つ目は「木製スプーン」です!
亨進様の木製スプーンを見て欲しくなったので作りました(^o^)✨

PhotoGrid_1473265650853


スプーン・フォーク・ナイフです。(フォークとナイフはナイフ1本で制作しました。)サイズがバラバラですが、作り方が分かったので、趣味で改良版を作ろうと思います。また、野外で実際に使ってみましたが、なかなか便利でした。

PhotoGrid_1473266788351


神様が創造してくださった自然は宝の山だと実感しますし、自然を有効に活用しながら生活することがとても楽しいです。
これからも自然の中で生きる知恵や非常事態を乗り越える知恵を習得していきたいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ