こんにちは
亨進様が訓読会で語られたみ言のPart3です。
Pat1Part2を読まれていない方は、先にそちらをどうぞ^^




********************************************
IMG_7555


 アメリカは200年前から、長生期完成級まで来ることができました。しかし、アメリカでは奴隷制を認めたので、憲法改正法によって、1917年からマフィア達が法的に今までの銀行のシステムを中央銀行システムに変えました。そのようなシステムを通じてアメリカを掌握するようになりました。アメリカの政府を掌握しました。中央銀行が全てを制圧しているからです。また、法を変えてしまいました。今アメリカは滅びつつあります。しかし、200年前はそうではなかったのです。200年前はアメリカの地に天国がなされると想定していたなら、天国に一番近い国となっていたでしょう。その中心にメシアが来られて、迎えることのできる基盤ができていたのですが、イエス様が言われていたように、「主人が二人いてはならない」とおっしゃいました。神様、またはマモン(お金の神様)でありました。問題となったのは、アメリカ政府がマモンを選択したからです。しかし、再臨のメシアが来られて、血統と三代王権を立てられました。血統を通して、神様の王国が必ずなされるようになります。今までの王国とは違います。今までの王国は政府がお金や財産を支配し、市民を奴隷として扱ってきました。歴史的に奴隷をどう捉えることができるでしょうか?一つは所有権がありません。二つ目は権利がありません。三つ目は銃を所有する権利がありません。武器です。これが奴隷の定義です。貴方達は日本で暮らしていますね。貴方達は所有権はありますか?(所有権があります) なぜですか?土地を買うことができるからですか?(はい) でも、政府がその土地から税金を取ることができますね。それが貴方の土地ですか?自分の土地なのに、なぜ政府に税金を支払わなければなりませんか?また、政府が望まない行動をしている者がいたなら、その者から権利を奪うことができますか?また、貴方達は銃を所有することができますか。武器を所有することができますか?(できません) そうですね。そのような内容をみた時、歴史的に見た時、皆さんは政府の奴隷ですか、違いますか?今の政府達は市民達に自由があると錯覚させているけれど、実際は奴隷にさせているのです。文化的に解放させているからです。音楽が聴けるだとか、性の自由、解放を許しているからです。しかし、所有権、権利、銃の所有を認めないのです。天一国は市民達が主人です。元々市民から土地の税金を奪うことは不法でした。また、権利は神様から来るものなので、誰もその市民から土地の税金を奪うことはできません。銃の所有とは自分自身や所有権や権利を守ることのできるということです。また、暴君達が刃向かってきた時戦うことができるということです。元々この三つの権利は全ての王が持つべき権利です。キリストの三代王権は、天一国憲法を通して市民達を王にするのです。市民達に王の権利が失った時、市民達の国と政府は天使長の立場に陥ってしまうのです。貴方達はそのような国が存在できるとは思わないかもしれないけど、アメリカは元々そのようになるべき国だったのです。200年前の日本は侍の国家でしたね。その時代では、侍だけが所有権、権利、武器の所有を認められていました。一般市民は認められていませんでした。侍の国も天使長の国だったというのです。神様の国とは、中央政府が小さく、GDP10%を超えることなく、市民達が自由と責任を持つことができる国だというのです。また、市民達は王が持つことのできる権利を持つことができる。市民が王家に入ることができるのは、私達が王家にただ入れるからではなく、私達がそこで住まうことのできる特権を得たからです。私達が選択したからではないのです。神様の王家に入ると、王家の精神を持つようになります。
 お金、財産とは何ですか?財布にお金がありますか?財布の中にあるお金は本当のお金、財産と言えますか?銀行の通帳も財産ですか?財産と考える人がほとんどでしょう。なので、貴方達は利口な奴隷達です。愚かな奴隷です。考えて見てください。日本の王家は通帳にお金を集めますか?何を集めますか?金、土地、銀、宝石など。貴方達が考えるお金は紙です。通帳に書かれてある数字がお金ではありません。ですから、愚かな奴隷になってしまうのです。王家の精神が重要です。本当の財産とは何でしょうか?一つ目は、「関係」が大切です。関係が財産です。神様との関係が一番の中心内容ですけれども、人間同士の関係も大切な財産です。皆さんは紙幣や通帳がお金だと考えていましたけど、そうではないのです。関係が本当の財産です。関係、金、銀、土地、所有権、権利、銃の所有などが財産です。皆さんは5分前まで紙幣がお金だと考えていましたね。しかし、日本の中央銀行では、紙幣を沢山印刷しますね。沢山印刷する事によって、紙幣の価値は上がりますか?下がりますか?(下がります) 日本の政治は紙幣を沢山印刷していますか?あまり印刷していませんか?(....)日本の首相は安倍総理ですね。安倍総理はその事で有名です。日本は経済的に下がっているので、紙幣を沢山印刷すれば改善されると考えています。これは安倍総理だけがしていることではなく、100年前のアメリカもそうでした。ヨーロッパも同じようにしていました。なぜなら、これは銀行の詐欺システムだからです。紙幣を沢山印刷する事により、市民達のお金の価値が落ちていきます。市民達のお金の価値が落ちていけばいくほど、財産も奪われていきます。なぜ、政治が市民の財産を奪っていくことができるのでしょうか?どういう方法で?(沢山所有していても、その価値は落ちてしまうから...) そうですね。例えば、元々安いお金で買えた土地が、お金の価値が落ちていくと、その土地の価値は高くなってしまいますね。(ヨナ様) 直接的にお金を奪っていくのではなくて、間接的に財産を奪っていくという意味です。(亨進様)

(つづく)
*************************************


Part4もすぐにアップします^^
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ