こんにちは。ウコッケイです。

今回はブッシュクラフトや災害時に便利な「五徳付きアルコールストーブ」を靴墨の缶を再利用して作ってみました。
P_20161105_161033_1


※ここで紹介するものは私がインターネットで検索した方法に基づいて作製したものです。使用して不具合はありませんでしたが、"確実に安全である"と断言できませんので、作製される際は自己責任でよろしくお願いいたしますm(__)m

【準備物】
PhotoGrid_1478246854196


・靴墨やニベヤ(クリーム)等で使われている、蓋付きの丸い缶
・上記の缶より一回り大きい丸い缶(蓋無し)
・グラスウールやカーボンフェルト等の燃えない繊維
・コットンロープやランプの芯になるようなロープ(もしセラミック繊維のロープがあれば尚良い。又、コットンロープは燃焼が切れ始めると燃え始める。)
・ハンガー等の針金
・手袋(グラスウールや缶の断面で手を痛めるのを防ぐ)
・ペンチ
・缶を切るハサミと缶切り
・燃料用アルコール

私の場合、ロープと燃料のみ購入したので、合計1500円以内で収まりました。ロープも燃料も今後使う機会がある物なので買って損はないかもしれません。

【作り方】
〈アルコールストーブ本体〉
①:靴墨の缶より少し厚く切ったグラスウールをはめる
P_20161103_194938


②:一回り大きい缶の底を切り抜き、靴墨の缶にはまる大きさに調節する。

③:②で切り抜いた材料に8ヶ所の切込みを入れる。この時、ロープの幅よりやや狭く切込みを入れる。長さは測っていないが、ロープを3回巻き付けられる適度の長さに切込みを入れる。
P_20161103_185055


④:ロープを写真の様に巻き付ける。一周したら逆向きに同じように巻きつけていく。
PhotoGrid_1478261988107


⑤:④で作製した物を①にはめ込む
P_20161103_200929


⑥:蓋が閉まるか確認

〈五徳〉
①:針金をペンチで曲げて波をつくる。(ペンチの幅に合わせて直角に曲げていく)(本体の大きさによって波を2~3つくる)
P_20161103_204048_1


②:2~3回波をつけたら、直線部分を作りもう一度2~3回波を作る。(直線部分の長さも本体のサイズで変わってくるので、少しずつ調節しながらやる)

③:②の針金を円形にすると五徳になる。五徳に鍋が乗るか確かめる。
P_20161103_220630


五徳は缶の上に取り付けられます。
P_20161103_220925


以上の方法でアルコールストーブを作って見ましたが、本当に使えるか実験してみます。

今回は家で採れた烏骨鶏の卵をゆで卵にしてみます🐔
P_20161104_140302

五徳を設置し燃料用アルコールを中央から注ぎ、着火🔥‼(測らずに適当に注いでしまいました…危険ですので少量ずつ試してください)

卵を入れた鍋を五徳に乗せてみると…
P_20161104_140557

しっかり鍋が乗りました。火力も落ちていない様です。

1分程度で気泡ができ始め、10分程で火を止めて鍋に蓋をしました。
P_20161104_141419


アルコールストーブは理科の授業で使うアルコールランプと同じ要領で消しました。(五徳をどかして鍋の蓋をポン!)
P_20161104_141754


蓋付きのアルコールストーブなので蓋をしてしまえば知らぬ間に発火していた!と、言うような不足の事態は防げます。

ちなみにゆで卵はしっかり火が通っていました🐣
剥き方が汚いですね…笑
P_20161104_165740_1


また、アルミ缶を1~2本使って作るアルコールストーブも作製しましたが、ジェット孔から炎が出ず、本燃焼がうまくいきませんでした…😅
PhotoGrid_1478247261251

また作り直して見ようと思います。

このアルコールストーブは手のひらサイズでコンパクトですし、五徳も付いているので使い勝手が良いです。いざと言うときに1つあると便利かもしれません😆
P_20161103_221110


両方ともYouTube等で紹介されているので、興味がある方は是非作製してみてください。

世俗的な悪魔崇拝の祭りを準備し実施するのではなく、ブッシュクラフトを学び、アウトドア用品を集め、仮庵の祭りをしなくてはなりませんね。
全て失ってもお父様を掴み荒野で生き延びる為の訓練、そして準備を頑張ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ