日本サンクチュアリ協会青年部ログ

サンクチュアリ青年部は亨進様から頂いたみ言をもとに、 聖書勉強、み言勉強、バンド活動、農業活動、ブッシュクラフト、セミナー等 様々な活動をしていきます。このブログは複数人で投稿しています。

2016年10月

こんにちは
青年セミナー最終日に亨進様が語られたみ言、最終回です。

Part1Part2Part3Part4Part5Part6Part7Part8Par9
(クリックで記事に飛びます)


image

 血統とは何ですか?精子です。天皇は同じ血統ですね。血統を重視します。血統から相続されるものは何ですか?王の精子です。王の精子を通して、息子・娘が生まれてきます。皆さんの国はサタンの血統圏内なので、皆さんは奴隷にならざるを得ませんでした。しかし、神様の精子を持っているメシヤが再臨されるときに、神様の血統が立ちます。それを通して、王権が立ちます。王権、血統、精子はすべて連結されるのです。その王権を通して、奴隷になった人々が新たに生まれ変わります。サタンの王家から出て神様の王家に入るとき、その人々は血統転換されるだけでなく、王の権利を受け継ぐことができます。皆さんは鏡で顔を見るときに自分しか見ません。皆さんの血統とメシヤの精子が連結されているということを理解すれば、皆さんの王権を受け継ぐことができます。すべての王権は血統と精子で連結されています。その内容とアイデンティティを理解するならば、皆さんはサタンの奴隷になりません。未来の天一国市民は、自分はサタンと分離された血統と精子から来た王権の市民だという事実を理解しなければなりません。神様の血統、神様の精子から王家が始まります。ですので、お父様は血統を何度も強調されました。原理本体論のなかで最も重要な内容は、神様の精子です。神様の精子を通して、王家が現れます。神様の王家が現れないと、地上天国ができません。それがなされなければ、今のサタンの王家が生き残ってしまいます。また市民たちも奴隷のままです。
 

 
IMG_8180

亨進様、ヨナ様、ありがとうございました!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

こんにちは
青年セミナー最終日に亨進様が語られたみ言Part9です。
(Part10で完結です)

Part1Part2Part3Part4Part5Part6Part7Part8
(クリックで記事に飛びます)


image

 アメリカの歴史では、黒人奴隷たちはそのような力がありませんでした。18世紀の黒人たちは奴隷だったので、銃の所有が許されていなかったのです。白人たちは黒人をぶったり殴ったりしました。20世紀に入ってからNRA(国立銃所有機関)により、黒人の銃所有が認められました。黒人のコミュニティを保護するためです。私たちも皆NRAに加入しています。そのときから白人が黒人を無視することができなくなりました。白人であろうと、黒人であろうと、東洋人であろうと、同じ銃所有コミュニティに属している人を無視できなくなりました。皆同じパワーを持っているからです。女性であろうと、男性であろうと同じです。そのパワーによって、礼儀の社会が形成されるのです。もし一つのグループだけが銃を持つことができて、他のグループでは銃を持つことができないならば、銃を持っているグループが他のグループを抑圧することが可能です。小さな日本の女性たちが何の武器も持たずにアメリカを歩き回るならば、100%無視されるでしょう。小さな女性たちは銃所有コミュニティに所属するならば、体の大きな男性も礼儀を守ります。
 天使長は皆さんに嘘をついて良い奴隷にしています。決して天一国の王や王妃にはなれないようにしています。なぜなら、まだサタンの血統圏の中にいるからです。すべての王家は血統と連結されています。血統と血。

 
 

(次は最終回です)


応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

Wow!!

妻がFacebookで見つけてきました。
神様の創造は偉大だな〜

宇宙が誕生したのは138億年前だそうです。
気が遠くなる年数ですね・・・。
神様は全てを投入されて人間を創造して下さいました!
神様は素晴らしいです!神様を心から賛美致します!


https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1843453752549033&id=1694674960760247

アージュ!!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
 

こんにちは
青年セミナー最終日に亨進様が語られたみ言Part8です。
(Part10で完結です)

Part1Part2Part3Part4Part5Part6Part7
(クリックで記事に飛びます)


image

 天一国では一般市民にも王の権利があります。王妃たちも同様です。私の妻も弱々しく見えますが、柔術や武器の訓練を行っているので強くなってきています。妻に首を絞められた人はいますか?(ハハハ)訓練しながら強くなっていますし、銃も所有しています。このようにほっそりしていて弱い女性はどのように自分より大きい相手を倒しますか?(銃。)武道では、技術が上の人には勝てません。妻は白帯ですが、ここにいる女性たちの首を絞めることができます。しかし、大きくて強い人には勝てません。神様の聖殿であり、キリストの新婦、神様の娘であるけれども、自分の身を守る権利がないとすればどうしようもありません。これが大きな問題です。男性は王、女性は王妃の立場で、また女性は神様の娘、キリストの新婦、キリストの体という立場で、悪なる捕食動物や悪なる人から自分の身を守ることのできる権利がなければなりません。
 皆さんは、侍映画を沢山観たでしょう?侍文化では礼儀が重要ですね。特に侍と侍の間においてです。敵だったとしても礼儀がなくてはなりませんね?酔っぱらった侍もいましたが、全体的には礼儀の文化がありました。なぜそのような礼儀が重要視されたのでしょうか?すべての武士階級の人は武器を所有していました。すべての人たちが武器所有という力があるとき、礼儀を守ります。

 
 

(つづく)


応援よろしくお願いします^^

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

こんにちは
青年セミナー最終日に亨進様が語られたみ言Part7です。
Part1Part2Part3Part4Part5Part6
(クリックで記事に飛びます)


image

 サタンUNの本部の前には銃のモニュメントがありますが、銃先が結ばれているのです。UNにおいても全世界的に銃の所有を無くそうと訴えています。銃の所有を無くすことで、全世界にある銃が無くなりますか?銃の所有を無くしたとしても、誰かが銃を持っているということです。では、一体誰が銃を持っていますか?(政府です。)そうですね。(テロリストです。)はい、そうですね。(警察です。)それも政府の中に含まれますね。
 他には?犯罪者です。犯罪者は法に従いますか?(従いません。)不法で武器を所有します。UNは全世界的に銃の所有を無くそうと主張していますが、結果的には犯罪者やテロリスト、市民を抑圧する政府に銃が渡ります。そのような状況で、市民たちは力を持つことができますか、できませんか?自由と責任の中で生きることができますか、それとも恐怖の中で生きることになりますか?
 皆さんは、嘘ばかり聞いています。UNも本当の科学について市民に話しません。本当の社会学の統計についてもです。アメリカで最も危険な5つの都市(シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンDC、デトロイト)これらの都市をみてみると、銃の所有を禁止しています。アメリカで安全な都市(ダラス、テキサス、タンパ、  モンテナ、カンザス)と他の都市を比較すると、犯罪率が天地の差です。アメリカのヤクザは強くありません。なぜかというと、市民が銃を所有しているからです。
 UNは日本の人々に絶対にこの「科学」を見せようとしません。なぜでしょうか?市民が所有権を保護できるパワーを持つと、革命を起こす危険性があるからです。市民たちが力を持つと、エリートたちの力は強くなりますか、弱くなりますか?(弱くなります。)ですので、皆さんに嘘の内容だけを教えるのです。エリートを保護するためにです。これが天一国憲法とすべてのサタン圏の法の違いです。

 
 

(つづく)


偽情報に惑わされないようにしようと思った方はクリック

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

このページのトップヘ