さて、長きに渡り?コツコツ記事アップして参りましたが、
GW青年セミナーにおける亨進二代王様のみ言&質疑応答は
今回を持ちまして【完】となります。

今一度、日本青年達を愛してくださった亨進二代王様に心より感謝申し上げます。
そして、通訳してくださったエルダー世界本部長ありがとうございました!


「自由と責任」ということで、あまり細かい指示を出されない王様ですが、
今回は明確に、「助け合ってください」と仰いました。以下、ご一読くださいませ。


質疑応答~No.⑧


7年の審判について

母が韓国に住んでいますが、水を100本以上買って、審判に備えています。

韓国、日本は90%助からない、血を見るだろうと言われていますが、審判を避けることはできないのでしょうか。




王様:

それはお父様が語られた内容ですね。

韓国はお父様に従わないと半分以上なくなると、日本もお父様に従わないと半分以上なくなると、お父様が語られています。


準備をすることです。

イエス様の時も、イスラエルがイエス様を不信しましたが、40年経った後にローマが攻めてきて殺されました。


韓国と日本は、お父様に選ばれた国だったのです。選ばれた立場であるのに裏切ったために、特にこの2つの国は、厳しい審判があると予想されます。


そのような状況の中で私たちはどうすればよいかというと、貯蔵できる食料品、水を蓄えるということです。結局それは審判が来なければ食べてしまえばいいわけですから、損はしません。

それから、サンクチュアリの人たちでネットワークを作って助け合えるようにしておくこと、もちろんお父様にしがみつくことが必要ですけれども。

自然に帰れ、山へ行けといろいろな人が啓示を受けています。

準備することは悪いことではありません。


ヨハネの黙示録にも信徒の多くが首を切られて死ぬだろうとあります。

戦争、震災、天災だけではなく、特にキリストに侍る人をターゲットにして迫害をしてくるでしょう。

7年の審判の中でも、最初始まった頃は少しずつ悪くなっていって、特に中間の時が一番ひどい迫害になるでしょう。だいたい3年かそれぐらいの時に。


いま、FBI,CIAの情報を見ても、もっとも危険な人物は、福音派、キリスト教徒とあります。


私たちが自給自足をするとクリスチャンたちが私たちに付いてきます。だんだんと惹きつけられてきます。

彼らも、キリストに侍る人なので、近づいてきます。

それとともに、私たちも迫害を受けるでしょう。


黙示録を見ると7年の中間に、獣の印とあります。何らかの印がつけられるようになります。

それがマイクロチップか他のものか分かりませんが、それを付けられる人は地獄に落ちるとあります。


このような獣の印が何なのか、免許証に載るのか分かりませんが、それを受けると、健康にいいとか売り込まれる、となっています。

ついにアメリカではフェイスブックにヘイトスピーチを乗せると、要注意人物になる。
世界征服をする人を除去しようと動いています。印が付きます。

世界政府は発言の自由を除去しようとしています。

例えば、アーミッシュは社会システムに入っていませんが、アメリカ政府はなんとか、社会に入れようとしています。


私たちが自給自足をしようとすると、キリスト教徒と出会いが出てきます。

お互い自由に農業を出来るようにしています。


日本も、自給自足をしようとしている人が数千万います。

その人達が寄ってくるようになるでしょう。

その人達と関係を持ちながら、お父様と関係を持つようになるでしょう。


サタンのシステムは滅びるようになるから、脱出することにより自立していく。

大変になっても、元気を出して、お互いに助けあい、キリスト教徒が来た時に、同じ兄弟姉妹として、迎え入れてあげて接してあげるように下さい。そういう体制を築いていきましょう。

last

夫人もこの場に来たかったのですが、今ちょっと体の調子がわるく来ることが出来ませんでした




天のお父様、三代王権の前に敬礼 


~~~~ 完 ~~~~


亨進様ありがとうございました!がんばります!
青年へのエールお願い致します!
  にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
  にほんブログ村