日本サンクチュアリ協会青年部ログ

サンクチュアリ青年部は亨進様から頂いたみ言をもとに、 聖書勉強、み言勉強、バンド活動、農業活動、ブッシュクラフト、セミナー等 様々な活動をしていきます。このブログは複数人で投稿しています。

カテゴリ: 亨進様のみ言

こんにちは
青年セミナー最終日に亨進様が語られたみ言Part6です。
Part1Part2Part3Part4Part5
(クリックで記事に飛びます)


image

 ロサンゼルス、シカゴ、ワシントンDC、ニューヨークなど銃の所有を認めていない都市は犯罪率が非常に高いです。フロリダ、ダラス、テキサス、モンタナなど銃の所有を認めている都市は犯罪率が低いです。なぜでしょうか。犯罪者は怖がりなのです。ですので、弱い人を狙います。市民たちに法的なパワーがない場合、すべての市民は弱い立場にいるのです。犯罪者たちは捕食動物のようです。
 しかし、捕食動物は自分より強い動物に出会ったら、逃げますね。どのようにしたら、年老いたおばあさんをヤクザより強くすることができますか?おばあさんがどれほど柔術を学んだとしても、ヤクザには敵いません。刀の戦いでも技術の高い人が勝ちます。すべての武道がそうです。技術の高い人が勝ちます。おばあさんが勝つことはできません。おばあさんが勝つことのできる唯一の方法は何でしょうか?銃です。銃を取り出しさえすれば、ヤクザやフライングタイガーも逃げます。そこにいる小さな女性、名前は何ですか?(ひろえです。)ひろえちゃん。ほっそりしていますね。大きな男性が捕まえたら、一瞬で連れていかれてしまいます。日本では私は大きい方ですよね?アメリカでは私の2倍大きい人もいます。私は92~94キロですが、アメリカには200キロの人もいます。親分のような人、戦いの上手な人にどのようにして勝てますか?勝つことができません。それが武道の限界です。技術がより高い人が勝つのです。
 家庭連合では嘘ばかりつくので皆さんは知らないと思いますが、お父様が一番最初に始められた事業は銃でした。空気銃でした。その内容を通して、お父様は韓国軍を強化しようとして火砲を作り、軍隊で使える銃を作られました。このような内容を家庭連合では教えませんでした。「力を持とうとするな」ということです。

 
 

(つづく)


銃は強い味方だと思った方はクリック

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

こんにちは
青年セミナー最終日に、亨進様が語られたみ言Part5です。
Part1Part2Part3Part4の続きです。
(クリックで記事に飛びます)


image

 皆さんは日本が自由のある国だと思っています。なぜかというと、歌謡文化や性の文化においては市民を抑圧していません。「思う存分遊んでも良いが、政府に歯向かうな」と言っているのです。このような詐欺のシステムによって、市民たちは自分たちに自由があると錯覚し、真の自由が奪われてしまっているのです。王の権利がすべて奪われています。これは大きな問題です。王の権利を持つべき市民たちが奴隷となり、性的に堕落しているのです。
 所有権と銃の所有のような、王の持つ力が市民にあるとするならば、市民が他の市民の権利を抑圧した場合、他の市民の権利を抑圧した市民は罰を受けなければなりません。他の人の所有権を奪おうとすると、争いが起こります。所有権を抑圧されそうになったら、それを守ろうとします。このような状況では、他人を尊重するようになります。
 皆さんはアメリカの映画“Wild West“を観たことがありますか?18世紀のカウボーイに関する話です。(少し観たことがあります。)カウボーイたちが銃を持って戦いにいくシーンがありますね。その時代を人々は”Wild Wild West“と呼びます。すべての人は銃を持っていました。この映画を観た共産主義者は、「このような時代に生きていたら、どれほど危なかっただろう。皆銃を持っているなんて、恐ろしい時代だ。」といいます。
 しかし、統計をみると、共産主義者の話は間違っています。10万人中たった2人しか殺人犯がいなかったのです。現代のシカゴでは、10万人中およそ50人もの殺人犯がいます。ワシントンDCも同じです。なぜこれほど殺人犯が多いかというと、シカゴやワシントンDCでは、人々の銃の所有を認めていないからです。18世紀の西部のアメリカより現代のシカゴやワシントンDCが約30倍危険なのです。”Wild Wild West“と呼ばれていましたが、実際はスイスと同じくらい安全な国でした。完全な嘘です。

 
 

(つづく)


応援よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

こんにちは
青年セミナー最終日に、亨進様が語られたみ言Part4です。
Part1Part2Part3の続きです。
(クリックで記事に飛びます)


image

  組織が何を追求しているのかを見ることで、その組織が神側なのか、サタン側なのかを知ることができます。人々をコントロールし奴隷にしようとしている組織ならば、その組織はサタン側です。人々に自由と責任を与える組織ならば、神側の組織だと言えるでしょう。
 お父様は蕩減時代を超え、解放釈放時代を開き、すべての食口を解放されましたが、家庭連合の詐欺師と韓氏オモニはいまだに全世界の食口を奴隷として扱っています。家庭連合が発表した天一国憲法をみてみると、最高委員会を通じてすべての食口を奴隷にしています。家庭連合の悪人たちが国を建設したとしても、絶対に所有権と銃の所有権を市民に与えないでしょう。これは、サタンの侍文化と同じです。歴史をみると、家庭連合の手法はあるサタンの王国の手法と全く同じです。同じ天使長。
 韓氏オモニがお父様がいらっしゃらないときに挙げた秘密の儀式、すなわち金孝南を通してサタンの霊との結婚式によって発表されたのが、嘘の天一国憲法でした。彼らが憲法を発表する権利はありません。1983年にお父様は、「天一国憲法はお父様の後継者によって発表されなければならない」とおっしゃいました。したがって彼らには権利がないのです。
 家庭連合が発表した憲法の内容をみてみると、完全に100%サタンのものです。市民に権利が与えられていません。簡単に言えば、市民は、動物農場の動物のようです。市民が働いて稼いだお金をエリートたちが盗んでいくのです。動物農場のようなのです。この内容をみると、100%サタン側です。
 お父様の真の後継者、お父様が選んだカインとアベルが宣布した憲法は、家庭連合のものとは180度異なります。市民たちが所有権と銃の所有権を持ち、すべての政府はパワーバランスが取れており、GDPが10%を超えないので政府が大きくなることはありません。人々が自由と責任を持ちます。また王には軍事権がありません。したがって王は市民を抑圧することができません。お父様の王権というのは、力で人々を抑圧するのではなく、父母のように、子供たちを愛する心情で接するのです。
 誰よりも市民を保護する憲法を守る責任が、王権にあります。したがって、市民たちは自由と責任、所有権と銃の所有を持ちます。王たちが持っている権利を、市民たちも同じように持つことができます。市民たちも王と王妃になるのです。皆さんも祝福を受けた後、王と王妃の権利を持つようになります。
 
 

(つづく)


応援よろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

こんにちは
青年セミナー最終日に、亨進様が語られたみ言Part3です。
Part1Part2の続きです)



IMG_8110

   たとえば、ある家の一階には母親が、二階には娘が二人いたとしましょう。そこに悪い人が入ってきて、母親をレイプしました。娘たちが警察を呼んで、警察が来たとしましょう。しかし、警察は状況を把握しなければならないと言って、家の中に入ってきませんでした。そうこうしている内に、悪い人が二階に上がっていって、娘二人をレイプしました。家の中はそのような状況なのに、警察は外で待っていたというのです。母親が怒って、後日警察を告訴しました。最高裁判所までいったのですが、警察に無罪判決が下されました。なぜ無罪になったのかというと、警察の仕事は事件を登録して報告書を作成することだというのです。自分の命をかけて市民を保護する法的な責任は無いということです。市民の命を守ることに、警察は自分の命を捧げません。
 このような事件を通してアメリカ人は非常に衝撃を受けました。なぜならパトカーには”Protect and Serve”(市民を守り、侍る)と書かれているからです。人々はそれが警察の責任だと思っていましたが、実は法的な責任ではないのです。まれに良心的な警察がいて、人間的に人を助けることがあるかもしれません。しかし、それは良心による行為であって、法的な責任ではありません。それが大きな問題です。皆さんは警察によって守られていると思っているかもしれませんが、警察は政府を守っているのです。警察の中には善い人もいます。下級の警察はこういったことを知りませんが、上級の政治家や軍人は皆知っています。政府や政府軍は市民の力を守るのではなくて、政府やエリートの力を守っています。市民のための職員ではなくて、財閥のための職員です。皆さんは嘘の情報を聞いているのです。政府は天使長の位置なのです。天使長はアダムとエバの僕にならなければならないのであって、主人になってはいけません。
 もちろん、政府には良心的で善い人もいます。ヒトラーによるナチ体制のときも善い人はいました。「なぜヒトラー政権になってしまったのか」と嘆いていた人もいました。しかし問題は、そのように善良な人だったとしても、給料を稼ぐためにヒトラー体制を支持するしかないシステムがあったということです。彼らは直接ユダヤ人を殺さなかったけれども、そのシステムを維持するのに同参していたのです。これが問題です。
 
 
(つづく)


神様の意志を貫こうと思った方はクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

こんにちは
青年セミナー最終日に、亨進様が語られたみ言です。
Part1はこちら



IMG_8110

 皆さんは今回このような訓練を少ししかできませんでしたが、ペンシルバニアにいる私たちのコミュニティではこの訓練を毎日毎日行っています。皆さんは体験ということで参加しましたが、私たちはずっと訓練しています。
 初日にブラジル柔術をしましたね。皆さんはきっと生まれて初めて首を絞められましたね?皆さんは経験だけをしました。訓練は継続しなければなりません。
 武道精神というものは、本当の戦いの中で育まれていきます。ある武道はまるで宗教のようです。師範が「この技術はこうしなければならない」、「私に従わなければならない」と言うのです。しかし、ブラジル柔術は違います。技術を使い、首を絞め、足を攻撃し、腕を折り、相手が降参しない限り戦いを続けます。皆さんはその効果を直接確認しましたね。現代の多くの武道は本当の戦いをしません。たくさんのルールを作るのです。たとえば、日本には柔道や空手があります。しかし考えてみてください。それらはルールが非常に多いです。柔道は人を投げ飛ばした後に、地面についている時間を数えなければならず、空手は顔を攻撃することができません。しかし本当の戦いにはルールがありません。
 ここにいる若い人、特に女性たちは、タイのボクシングを学ばなければなりません。また刀で戦いをする場合は、剣道で使う刀は大きすぎるので、小さな棒や小刀で戦います。このような戦いは、肉体だけでなく精神を鍛える訓練になります。「今の私は弱いけれども、これから強くなれる」ということを何度も感じるでしょう。私が何者かに襲われたときに、警察を呼ぶのではなく、自分の身を自分で守れるようになるのです。精神が変わるということです。
 ここにいる女性たち、悪い人が来て、あなたをレイプしようとしたらどうしますか。警察を呼びますか?警察が何をしてくれますか?警察を呼んでも到着するのに一時間以上かかります。また警察は法的に皆さんを保護する権利はありません。
 
 
(つづく)


ブラジル柔術を習いたいと思った方はクリック
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ 

このページのトップヘ