日本サンクチュアリ協会青年部ログ

サンクチュアリ青年部は亨進様から頂いたみ言をもとに、 聖書勉強、み言勉強、バンド活動、農業活動、ブッシュクラフト、セミナー等 様々な活動をしていきます。このブログは複数人で投稿しています。

カテゴリ: 亨進様のみ言

こんにちは
亨進様が訓読会で語られたみ言Part4です。Part1Part2Part3を読まれていない方は、先にそちらをどうぞ^^

********************************************
訓読会
 女性達が好むことは何ですか?買い物ですか?買い物をするときは、何を使いますか?クレジットカードですね。クレジットカードの広告で誘惑を受けませんか?また、若い者、大学生達は勉強しなくなり、クレジットカードを見たとき、「あれは無料のお金だ」と考えていますね。とても良い奴隷です。これが問題です。クレジットカードでお金を支払うと借金になります。借金を抱えるようになると、皆さんは奴隷になってしまうのです。生涯をかけて、借金を返さないといけません。所有権がないからです。借金を返せなかったら、政府はどうする事ができますか?市民から何を奪うことができますか?本当の資産、家、車、金、銀、市民が持っている全ての物を奪うことができるのです。皆さんは洗脳された奴隷達です。王家の精神がないからです。どういう事かわかりましたか?こういう内容は初めて聞きましたね?学校では聞いたことがないですね?学校は奴隷達の訓練センターだからです。真実を知って、神様の王家に入っていかなければならないのに、こういう内容を教えてくれません。なぜだと思いますか?学校は政府が運営しています。政府は貴方達の父母ですか?それとも天使長ですか?天使長だとしたら、貴方達は奴隷ですか?それとも、主人ですか?(....) また、政府が天使長だとしたら、貴方達は奴隷となるべきですか?それとも、主人となるべきですか?馬場さん?(はい) これは正しい秩序です。これが天一国の秩序です。しかし、日本の政府は貴方達の主人です。皆さんの父母になっています。
 ヤクザと政府の違いは何ですか?どういう違いですか?(そんなに違いはないと思います) ヤクザと政府を考えたときに、まず思いつくものは何ですか?ヤクザは不法的に行い、政府は憲法で物事を判定しますね。一般の人々は、そのように考えますね? それが本当かどうか確かめて見ましょう。例えば、馬場さんは帽子屋の主人だったとしましょう。ある日、三人のヤクザ達が来て、「馬場さん、貴方は保険に入らないといけない。保険には入らなければ良くないことが起こるかもしれません。貴方が稼いだお金で保険に入れば、貴方の安全を保障することが出来ます」と言いました。貴方が稼いだお金をあげなければなりません。もし、あげなかったら、どうなりますか?ある悪い人が貴方を誘拐してしまうでしょう。また、同じような観点で見たとき、馬場さんは家族のために一生懸命に働いているとします。その時政府が馬場さんに「私達が馬場さんをお守りする代わりに、貴方が稼いだお金を私達にあげないといけません」と言いました。日本はまだそうではないと思います。アメリカでは50%がそうなっています。毎年上がっていっています。そのお金をあげなかったら、お店を潰すこともできるし、監獄に連れて行くかもしれません。それに反対したら、殺されるかもしれません。そしたら、政府は馬場さんが頑張って稼いだお金を奪って行くことになりますね?渡したかったとしても、渡したくなかったとしても、どちらにせよ持っていかれてしまうのです。それはヤクザと何の違いがありますか? ヤクザは刺青をしたり、自分勝手な格好をしていますけれど、警察は制服を着ていますね。着ている服は違っても、行動は同じだというのです。なぜこのような事を学校で学ばないのでしょうか?これが問題です。神様の王国ではそれが罪となります。天一国憲法ではそれが不法となります。実際に200年前のアメリカではそうでした。アメリカに来たら、馬場さんが帽子屋の主人になることも出来ます。自分が一生懸命働いたお金を家族のために使うことができ、全ての事に使うことが出来ます。しかし、天使長、政府は私達を誘惑して来ました。市民の中の、特に女性達は天使長の誘惑に騙されて来ました。女性達が共産主義の考えに乗りやすい傾向だありました。そのように歴史が変わりながら、アメリカも社会主義国家となっていきました。
 自由と責任です。「私達が政府にお金を渡せば、私達のために福祉をしてくださる。私達にとって利益になる。」と私達は錯覚してしまうのです。しっかり福祉をしてくださる人々は、その土地の住民です。政府ではありません。例えば、日本の北海道の政府が東京の市民を助けることが出来ませんね。それはどういう事かというと、市民達は自分達が稼いだお金を、全ての自分達のために使いません。人は成功したかったら、他の人の助けをうけて成功するので、自分が稼いだお金をその助けてくれた共同体に投資するようになるのです。アメリカは1940年から政府による福祉システムに変わっていきました。そのシステムが続いて来ました。1940年以前からアメリカでは1万以上の福祉施設がありました。つまり、市民達が福祉を受けやすい時代でした。ですから政府が福祉をしなくても、市民達で行うことができるという事です。市民達がお互いに助け合って生活するために、政府の助けは必要ないのです。ローマ書8章に書かれてあるように、私達が神様の王国に入り生活できるのは私達だからではなく、神様の恩恵があるからです。神様に栄光をお返ししなければなりません。
 もう一度聞きます。馬場さんは善なる人ですか?悪なる人ですか?(善なる人です) 善なる人ですが、どのように変わっていきますか?(....)キリストに喜びをお返ししなければなりません。そのようにすれば、悪なる人も善なる人に変わる事ができます。悪なる部分が多かった人が良い面が多い人になる事ができます。弱かった人が、全ての事に雄々しく立ち向かって行く事ができます。内面的に死んだ人が、生まれ変わったような人となります。それは正しい答えです。「私は悪なる人だ」それは正しい答えではなく、「変わって行く」という事が正しい答えです。自分を悪い人だと断定してしまうと、キリストを救う事ができません。キリストが私達を救ってくださる事を認めないことになります。もう一度聞きます。馬場さんは善なる人ですか?悪なる人ですか?(少し良い人です) もう一度最初から話さないといけないですね。悪い人だけれども、キリストを通して善なる人になるという事です。貴方の能力で生活するのではありません。貴方は嘘つき、泥棒、姦通者、神聖冒涜者を認めましたね。ですから、悪い内容を持った人でしたが、キリストは私を善なる人に変えてくださるのです。これが答えです。奴隷だったのに、キリストが私達を主人の位置に立たせてくださいました。キリストを通して王家の精神を受け継ぐようになるのです。わかりましたか?もう一度聞きますね、善なる人ですか?悪なる人ですか?(悪い人だったけれど、キリストのおかげで善なる人に生まれ変わりました。そうですね。王家の精神です。紙幣や通帳のお金は本当のお金ではありません。若い者達、王家の精神ですよ。愚かな精神は持たないでください。貴方達の暮らす世界では嘘が多いです。貴方達の先生、貴方達の政府、貴方達のメディアなどで沢山の嘘があります。そういうもの達は嘘をつきます。奴隷階級に陥れようとします。王家の精神は奴隷層の精神ではありません。
 皆さんは昨日と今日でブッシュクラフトを始めて経験しましたね。もちろん寝袋もあり、贅沢な経験を初めてしましたけれど、トイレもなく電気もなく、もちろんフラッシュライトはありましたけど、そのような状況で1日を過ごしましたね。勝利しましたね。勝利!(拍手) 奴隷にならないでください。主人達がこのような事を出来なければなりなせん。わかりましたね。

IMG_6584

*************************************


ありがとうございましたにほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

こんにちは
亨進様が訓読会で語られたみ言のPart3です。
Pat1Part2を読まれていない方は、先にそちらをどうぞ^^




********************************************
IMG_7555


 アメリカは200年前から、長生期完成級まで来ることができました。しかし、アメリカでは奴隷制を認めたので、憲法改正法によって、1917年からマフィア達が法的に今までの銀行のシステムを中央銀行システムに変えました。そのようなシステムを通じてアメリカを掌握するようになりました。アメリカの政府を掌握しました。中央銀行が全てを制圧しているからです。また、法を変えてしまいました。今アメリカは滅びつつあります。しかし、200年前はそうではなかったのです。200年前はアメリカの地に天国がなされると想定していたなら、天国に一番近い国となっていたでしょう。その中心にメシアが来られて、迎えることのできる基盤ができていたのですが、イエス様が言われていたように、「主人が二人いてはならない」とおっしゃいました。神様、またはマモン(お金の神様)でありました。問題となったのは、アメリカ政府がマモンを選択したからです。しかし、再臨のメシアが来られて、血統と三代王権を立てられました。血統を通して、神様の王国が必ずなされるようになります。今までの王国とは違います。今までの王国は政府がお金や財産を支配し、市民を奴隷として扱ってきました。歴史的に奴隷をどう捉えることができるでしょうか?一つは所有権がありません。二つ目は権利がありません。三つ目は銃を所有する権利がありません。武器です。これが奴隷の定義です。貴方達は日本で暮らしていますね。貴方達は所有権はありますか?(所有権があります) なぜですか?土地を買うことができるからですか?(はい) でも、政府がその土地から税金を取ることができますね。それが貴方の土地ですか?自分の土地なのに、なぜ政府に税金を支払わなければなりませんか?また、政府が望まない行動をしている者がいたなら、その者から権利を奪うことができますか?また、貴方達は銃を所有することができますか。武器を所有することができますか?(できません) そうですね。そのような内容をみた時、歴史的に見た時、皆さんは政府の奴隷ですか、違いますか?今の政府達は市民達に自由があると錯覚させているけれど、実際は奴隷にさせているのです。文化的に解放させているからです。音楽が聴けるだとか、性の自由、解放を許しているからです。しかし、所有権、権利、銃の所有を認めないのです。天一国は市民達が主人です。元々市民から土地の税金を奪うことは不法でした。また、権利は神様から来るものなので、誰もその市民から土地の税金を奪うことはできません。銃の所有とは自分自身や所有権や権利を守ることのできるということです。また、暴君達が刃向かってきた時戦うことができるということです。元々この三つの権利は全ての王が持つべき権利です。キリストの三代王権は、天一国憲法を通して市民達を王にするのです。市民達に王の権利が失った時、市民達の国と政府は天使長の立場に陥ってしまうのです。貴方達はそのような国が存在できるとは思わないかもしれないけど、アメリカは元々そのようになるべき国だったのです。200年前の日本は侍の国家でしたね。その時代では、侍だけが所有権、権利、武器の所有を認められていました。一般市民は認められていませんでした。侍の国も天使長の国だったというのです。神様の国とは、中央政府が小さく、GDP10%を超えることなく、市民達が自由と責任を持つことができる国だというのです。また、市民達は王が持つことのできる権利を持つことができる。市民が王家に入ることができるのは、私達が王家にただ入れるからではなく、私達がそこで住まうことのできる特権を得たからです。私達が選択したからではないのです。神様の王家に入ると、王家の精神を持つようになります。
 お金、財産とは何ですか?財布にお金がありますか?財布の中にあるお金は本当のお金、財産と言えますか?銀行の通帳も財産ですか?財産と考える人がほとんどでしょう。なので、貴方達は利口な奴隷達です。愚かな奴隷です。考えて見てください。日本の王家は通帳にお金を集めますか?何を集めますか?金、土地、銀、宝石など。貴方達が考えるお金は紙です。通帳に書かれてある数字がお金ではありません。ですから、愚かな奴隷になってしまうのです。王家の精神が重要です。本当の財産とは何でしょうか?一つ目は、「関係」が大切です。関係が財産です。神様との関係が一番の中心内容ですけれども、人間同士の関係も大切な財産です。皆さんは紙幣や通帳がお金だと考えていましたけど、そうではないのです。関係が本当の財産です。関係、金、銀、土地、所有権、権利、銃の所有などが財産です。皆さんは5分前まで紙幣がお金だと考えていましたね。しかし、日本の中央銀行では、紙幣を沢山印刷しますね。沢山印刷する事によって、紙幣の価値は上がりますか?下がりますか?(下がります) 日本の政治は紙幣を沢山印刷していますか?あまり印刷していませんか?(....)日本の首相は安倍総理ですね。安倍総理はその事で有名です。日本は経済的に下がっているので、紙幣を沢山印刷すれば改善されると考えています。これは安倍総理だけがしていることではなく、100年前のアメリカもそうでした。ヨーロッパも同じようにしていました。なぜなら、これは銀行の詐欺システムだからです。紙幣を沢山印刷する事により、市民達のお金の価値が落ちていきます。市民達のお金の価値が落ちていけばいくほど、財産も奪われていきます。なぜ、政治が市民の財産を奪っていくことができるのでしょうか?どういう方法で?(沢山所有していても、その価値は落ちてしまうから...) そうですね。例えば、元々安いお金で買えた土地が、お金の価値が落ちていくと、その土地の価値は高くなってしまいますね。(ヨナ様) 直接的にお金を奪っていくのではなくて、間接的に財産を奪っていくという意味です。(亨進様)

(つづく)
*************************************


Part4もすぐにアップします^^
応援よろしくお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

亨進様が森の中の訓読会で語られたみ言、Part2です。
Part1はこちら

********************************************

 このような内容を通して、自分の現状を理解し、神様のもとに帰ることができます。なぜなら、私達の義ではなくて、私達が信じて愛するキリストの義によるからです。しかし、それは霊的救いであり、再臨のキリストが来られる時は肉的救いです。この肉的救いとは何でしょうか?十字架ではイエス様が霊的救いをされ、肉的救いは再臨のメシアがされました。どのように肉的救いをされると思いますか?肉的救いとは何ですか?(血統転換です。) そうです。血統です。では、その血統はなぜ重要なのですか?(代々受け継がれてきたサタンの血統が、神様の血統に変わったからです。) そうですね。これはとても重要なことです。聖句では、サタンを、この世の暗闇の王といいます。悪の王です。また、サタンがイエス様に与えた3つ目の試練は、「お前が私に敬拝したら、全ての王国をお前に与えよう」でした。サタンはこの世界の王です。
 そのような観点から見た時、血統転換とは何でしょうか? 私達はサタンの王家にいますが、その王家から血統転換されるということは、どういうことですか?(王の支配下から逃れることが出来るということです。) 逃れた後どうなるのですか?他の人の奴隷になるのですか?それとも、他の王に仕えるようになるのですか?(王のもとで仕えることになります。) その他の王とは誰のことですか?(神様です。) そうなのです。簡単ですね。サタンの王家を発ち、神様の王家に入るのです。これはとても重要なことです。ここにいる男性達も、結婚したら自分達の家の王にならなければなりません。その責任があります。あなたたちははキリストの身体のように、夫として、一家の王とならなければならないです。また、キリストが犠牲となったように、あなたたち男性も家庭の犠牲とならなければなりません。また、男性は家庭の王なので、家庭の祭司長です。それは、家庭を霊的に指導し、導いてあげなければならないということです。エペソ人への手紙5章では、「妻をキリストのように愛さないといけない」とあります。妻を無限の愛で指導しないといけません。また、同じ聖句に、「妻は夫を無限に尊敬しなければならない」とあります。皆さんは祝福を受けていないので、まだわからないと思いますが、祝福を受ければわかります。夫にとって一番難しいことは、妻を無条件に愛することです。また、妻にとって一番難しいことは、夫を無条件に尊敬することです。ですので、キリストがあなた達を愛するように、夫と妻はその難しい内容を全て愛に変えないといけません。なぜなら、夫が求めているものは、尊敬されることだからです。そうですよね。妻が求めているものは、尊敬もそうですが、一番は愛です。
 神様がある夫婦に祝福を与えました。しかしある日、妻は夫を尊敬できないと思いました。その夫が夫らしくなかったからです。多くの女性は、そう考えてしまうのです。また、尊敬できないため、夫を私(妻)が変えることが出来ると錯覚してしまうのです。しかし、神様がそれを見た時、妻は罪人として地獄に送られるでしょう。神様は私達が一番したくないことをさせます。なぜなら、神様が既にそれをされたからです。私達が罪人だった時、神様は私達を愛してくださいました。私達が苦しんでいた以上に神様はもっと苦しんでおられました。ですから、夫婦間に愛と尊敬がなければ、結婚は壊れてしまいます。その家庭が滅びると、神様の願う理想の家庭とは全く違うものとなってしまうのです。そのようになると、神様の王国が勝利しますか、サタンの王国が勝利しますか?そのような内容を通して、神様は私達に罪があるという事を忘れてはならないとおっしゃったのです。私達が優れているから、神様のもとに行き、天国に行くことができるのではなく、キリストの勝利によって行くことができるということです。傲慢になってはいけません。錯覚してはなりません。夫となっても、妻となっても、錯覚に陥ってはなりません。あなたの義はあなたから来るのではなく、キリストから来るのです。あなた達の能力や力が強いのは、あなた達の中にキリストが臨在しているからです。
 フィリポの福音書4章13節で、「キリストを身にまとえば、全てのこと為すことができる」とあります。私達は勉強ができるとか、何かできるとかいう能力は、自分が生み出した能力ではなく、神様から与えてくださった贈り物です。男性達は、神様が与えてくださった才能なのにもかかわらず、自分で生み出した才能だと錯覚してしまうのです。親のお陰だと考えたり、他の人達が褒めてくれたから、自分がそういう才能を生み出すことができたと考えがちです。しかし、神様が私達にそのような才能をくださり、その才能を活かすように発展させる機会を与えてくださったのです。神様に恩恵をお返しすると決意した時、その人は強くなりますか、弱くなりますか?(強くなります。) ですから、柔術などをして勝利した時に、神様に栄光をお返ししないといけません。普通の人は自分が勝利するだけの能力があると錯覚してしまいます。しかしそれは神様が私達にくださったものです。柔術の指導を受けましたね。あなた達よりも若い二世達とも訓練しましたね。その二世達も自分が優れていると錯覚してしまうのです。なぜなら、技術を持っているので。だから、私はその子達を叱ります。あなた達が優れているのではなく、神様が準備してくださった人たちによって、あなた達の技術が伸ばされたのだと。神様に栄光をお返ししないといけません。錯覚しているだけで、自分の才能ではありません。神様の与えてくださったものだとは知らずに、錯覚してしまうのです。全てのものを神様にお返ししなければなりません。神様の喜びは私の力です。私達がそのようにして全てのことに感謝し、神様にお返しすることが出来たら、神様は喜ばれますか、喜ばれませんか?(喜ばれます。) そうであるならば、その喜びが私自身の力となります。ドラゴンボールのような力は、本当の力ではなく、錯覚の中の力です。あなた達青年達が来る前に中高生達が来ました。その中高生の時は、ドラゴンボールのようなゲームを好みますね。そのようなゲームをする時、自分が強いと錯覚してしまいます。「自分が自分自身を信じれば、強い力を発揮することが出来るんだ」と言うように。現実を知らないといけません。なぜなら、神の国は実体で建設されなければならないからです。天一憲法に従った天一国が建設されなければなりません。政府軍が奴隷とならなければなりません。

(つづく)
*************************************


Part3もすぐにアップします。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

皆さん、こんにちは☀️
ブッシュクラフトをして森に一泊した日の翌日、早朝から、亨進様とヨナ様と共に訓読会をしました。
その時に亨進様が語られたみ言です。
4回に分けてアップしていきます。

****************************************

 体が死に陥ってしまうという事はどういう事でしょうか?(肉体が死に陥るという意味ですか?) この方の名前は何ですか?(馬場です。) 馬場さんですね。皆さん、これは重要な内容です。馬場さんは善なる人ですか、悪なる人ですか?良い人ですか?悪い人ですか?(少し良い人です) 皆さんはどう思いますか?この人は良い人ですか?悪い人ですか?(良い人です。) 一般の人も同じ様に答えるでしょう。良い人だと。本当に良い人なのか、悪い人なのかテストする事ができます。もしくは少し良い人なのか、そうでないのかもテストする事ができます。
馬場さんは今まで嘘をついた事はありますか?少しの嘘でも嘘になります。(あります。) 何回ですか?自分の人生の中で何回嘘をつきましたか?(数え切れません。) 嘘をついた人を何と呼びますか?(嘘つきです。) では、馬場さんは嘘つきですね。今まで物を盗んだ事はありますか?小さい物、例えば鉛筆、紙、インターネットの音楽など。(あります。) 物を盗む人を何と呼びますか?(泥棒です。) そうなら、馬場さんは泥棒ですね。嘘つきであり、泥棒でもあります。また、女性を見たとき淫乱な感情を持ったり、性的な感情持った場合、その人は性的罪を犯す事になります。そういう感情を持った事はないですか?(あります。) 性的な罪を犯したという事ですね。また、神様を信じなかったり、憎んだりする事は、神様に対する神聖冒涜と言います。または神様の名を悪く言う人は、神様を冒涜する人になります。姦通者、殺人者、性的罪を犯した人、また嘘をつく人達は、天国には行けません。馬場さんは少し良い人だと言いましたが、それは一般の人達と比較した場合であって、神様の十戒と比較した場合は、嘘つきであり、泥棒であり、姦通者、神様を冒涜する人であり、罪深い人となります。皆さんも同じですか、違いますか?(同じです。) 一般の人は他の人と比較しますが、神様の十戒と比較しないのです。皆さんは錯覚しているのです。私たちが、マタイの福音書10章で、若者がイエス様のもとへ行き、「私は善なる先生だ。良い先生だ。」と言い、「天国にはどうやって行くのか。」と尋ねた時、イエス様は「神様以上に良い人はいません。」と答えました。私たちが考える善とは、人間の間での善であって、神様が定めた善ではありません。ですから、神様が十戒を下さった時、神様は人間に鏡を与えました。イスラエル民族の人々は自分達を善なる人だと思っていました。馬場さんも、自分は少し良い人だと思っていましたね。(はい。) そうでしょう。なぜでしょうか?人を殺した事がないですし、人の話をよく聞き、国の法を守っているからです。あるいは、人に対しても親切に接しているからです。しかし、神様の十戒の中の4つの項目だけを見ても、あなたはその4つの全ての条件、法を破りました。あなたが言っていた様に、数え切れないほど罪を犯しています。多くの罪を犯しました。もし、あなたがこの瞬間に死に、神様の所に行かなくてはいけなくなり、神様があなたを見た時、神様の十戒で判断した時、あなたは合格ですか、不合格ですか?(合格できないです。)そうですね、不合格ですね。不合格なら、天国に行きますか、地獄に行きますか?(地獄に行きます。)地獄は怖いところですね。神様の十戒で私たちを判断した時、私たちがどこに向かわないといけないのかを知る事ができます。私が地獄に行くのだとしても、地上世界では私が良い人だと思っていて、神様が許してくださると錯覚していました。しかし、考えてみてください、裁判官の前に行き、様々な罪を犯し、ビデオまで撮って記録が全て残っているとします。監獄に行くことになってしまいました。その時、裁判官に「私をお許しください」と言いますね。もしその裁判官が良い裁判官だとしたら、そのまま犯罪者を許すでしょうか?もしその犯罪者が人を殺してしまったらどうしますか。(善なる裁判官なら、法の下でその犯罪者を裁きます。) そうでしょう。神様は、私達が悔い改めるなら許す事ができますが、悔い改めなければ神様は法の下でその人を裁かなければなりません。そうですね。私達が神様の法の観点から自分自身を見つめた時、あるいは神様の観点から見た時、私達は皆失敗した者だという事が分かります。失敗したら、地獄に行きますか、天国に行きますか?(地獄です。) 私達の力では、神様の身前に行く事が出来ません。神様には罪がありますか?神様には悪がありますか?(ないです。) 人間に罪と悪があったら、神様のもとに行く事ができますか?(できません。) 善悪を分立した生き方をしなければなりません。神様と分離された場所を霊界では地獄と言います。つまり、監獄です。私達の能力では神様のもとに行くことはできません。馬場が言っていた様に、沢山の罪を犯してしまったからです。私達がその裁判官に犯してきた罪の代価、罰金を支払う事ができる人にならなければなりません。それが、キリストが行かなければならなかった蕩減路程です。キリストは神様の実体です。イエス様はユダヤの聖殿で、罪を犯した人たちと共に鞭で打たれていました。一般の人々が見た時、イエス様がされてきた行為は罪として認識されていました。しかし、神様の観点から見た時、イエス様の行為は罪ではなかったのです。イエス様は私達のために犠牲となり、十字架に架けられ、霊的な救いをされました。そのことを踏まえて、私達が裁判官のもとに行き、今まで嘘をついたり、ものを盗んだりして沢山の罪を犯しましたが、キリストを信じることで、キリストを身にまとうことができるのです。それはどういう意味かと言うと、神様は私たちが犯した罪を見るのではなくて、私たちが身にまとっているキリスト(信仰)を見るのです。キリストを神様の十戒で見た時、合格ですか、不合格ですか?神様は自分の独り子を見ていらっしゃるのです。この聖句はそういう意味です。
 ローマ書10章に「キリストが貴方の内におられるのなら、身体は罪によって死んでいても、霊は義によって命となっています。」とあります。聖霊が生命であるといいますね。私達が神様の十戒で自分自身を見た時、私達自身には義というものが全くありません。神様は、私達が身にまとっているキリストを見られるのです。私達は完成した人間ではないですが、キリストを身にまとうことで完成した人間になることが出来る。私達は弱々しいけれども、キリストを身にまとうことで強くなることができます。私達は罪がありますが、キリストを身にまとうことで罪を清算することができます。たとえ悪事をしたとしても、キリストを身にまとうことで、その悪事が許され、神様のもとに帰ることができます。私達が優れているのではなくて、神様の子女として一つになれるからです。分かりましたか?この聖句はこのような意味です。人間は自分に対して錯覚してしまうのです。


(つづく)
********************************************


Part2もすぐにアップします

亨進様のみ言をもっと聞きたいと思った方
Click👇
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

みなさん、こんにちは!今回は亨進様が語られたみ言をアップします
8
24日中高生セミナー最終日の朝、宿舎に亨進様、ヨナ様が来られました
その時に語られたみ言です。

IMG_7186
IMG_7201

 日本人たちはお金、紙のお金(紙幣)を作っています。紙幣を沢山つくれば、今皆さんが使っている物の価格は上がりますか?下がりますか?政府がこれを沢山プリントすれば、あなた達がもっているお金の価値は上がりますか、下がりますか?(下がります。)そうですね。ですがそれは財産ではありません。政府がこれを沢山作れば作るほど、価値が下がります。900円にもなるし、500円にもなるし、300円にもなります。これは問題です。紙幣は、本当の財産ではありません。これは学校では教えません。皆さんは洗脳されて、学校、言論、テレビでは紙幣はお金であると言いますが、それは違います。本当のお金とはなんですか?本当の財産とは(ゴールド(金)。)そうですね、他には?(ダイヤモンド。)オーケー、価値のある宝石たち。(家畜。)うーん、家畜、、、オーケー食料、ということですね?ペットというものより、食料ですね。オーケー、イエス。(人。)人、人間関係。他には?

 本来、若者はこれを学ばなければいけません。皆さんの学校の先生がこれを教えなければなりません。ですが、政府の学校であるので、この内容を皆さんに教えません。なぜなら政府の学校は政府からきますね。政府は財閥達と深い関係にあります。では日本の財閥はなんでしょうか?(三菱。)オーケー三菱。(住友。)財閥達はどうやって成功しますか?良いものを作るから成功するのでしょうか?どうして成功すると思いますか?(新しいアイディアを生み出すからです。)そういう風に言いますね。ニューアイディア、賢い人たち、そのように言いますね。言論もそのように言い、政治家達もそう言い、大学も、教授も、そのように言います。これは本当ですか、偽りですか?他には?(人を安いお金で雇って、働かせているからです。)それも問題です。それもマスコミにでますね。そのような理由で成功するのですか?財閥はどうして成功しますか?(広告で有名になって、みんなに買わせるようにするから。)たくさんの会社がそのように宣伝しますが、成功しません。考えてみてください。とても簡単です。(努力で労働するから。)それでは、小さな果物屋さんのおばさんは努力しないのですか?財閥はなぜ成功するのでしょうか。とても簡単です。答えを望みますか?知ってみれば、あ~なんだ、と言うでしょう!マーケティングでもなく、努力でもなく、新しいアイディアでもありません。財閥がどういう関係にありますか?財閥たちは誰と関係がありますか?政府と関係があれば、政府は無理やり人々を従わせるのではないけれども、政府は財閥と契約書を作ることができます。特別な契約書です。財閥が消費者を操って、自分たちのものにすることもできます。皆さんが考える世界は、偽りです。皆さんの先生が言う世界は偽りです。マスコミが見せる世界は偽りです。本来こういうことを若い人々は学ばなくてはいけません。
 ですが、皆さんは一人も政府が問題だということを知りません。そしてそれは誰が作ったのでしょうか?誰が?教会が?(笑)先生たちですか?言論が?根本的に見れば、誰が。市民たちが、そのような考えを、することすらできなくさせているのは。(政治家です。)政治家は職員ですね。政治家たちは誰のために働きますか?市民のためだと言いますね。これは本当ですか、偽りですか。皆さんは政治家たちを信じますか?皆さんは公立の学校に通っていたとか、通っている人はいますか?皆さんが出会った先生たちは誰から給料をもらいますか?誰が先生たちにあげますか?(国の税金から。)税金はどこから来ますか?(市民から来ます。)市民は税金を出したいですか?(いいえ。)では税金を出さなければどうなりますか?(お知らせが来ます。)それだけですか?その言葉を聞かなかったら。(法で裁かれます。)どのような法ですか?(罰金もしくは、刑務所です。)オー、警察に連れて行かれるんですね?(はい。)そう、そのようになりますね。日本でもアメリカでも一緒です。政府が、市民は税金を出すようにさせます。市民が出さないなら、警察に連れて行かれます。市民は自分が出すよう選択したから出すのですか?それとも、無理やり出させられているのですか?(無理やりです。)市民たちは自由選択がありますか、ありませんか?市民たちが稼いだお金ですね。市民たちが、一週間に90時間、100時間仕事をしながら作ったお金ですね。そうですか、そうではないですか?(そうです。)他の政府が入ってきて、皆さんが稼いだお金を私たちに出さなければならない、と言います。それは、良いことですか、悪いことですか?(悪いことです。)悪い、どうしてか。これはヤクザがする行動ではないですか?ヤクザと似ていますか、似ていませんか?(似てます。)マフィア、またヤクザで、例えば、カズさんが寿司屋の主人でお金を稼いでいるとしましょう。その店はどこかの道にあります。あるヤクザが来て、お前は保護を受けなければならない、と言います。でないと、悪いことが起きるかもしれない、と。これは日本でもありますよね。もしカズがお金を出さなければ、どうなるでしょう。どうなりますか?(借金を作らされる。)そう、そういう場合もありますね。そのような状況で、カズがお金を出す場合、無理やり出しましたか?それとも選択して出しましたか?(無理やりです。)オーケー、では、政府はカズに税金を出せ、出さなければ警察を送るぞ。それと何が違いますか。違いは何だと思いますか?(規模?)そう、考えてみてください。ヤクザと警察の差異は何なのでしょうか?不法は法ではありません。ヤクザが現れた時と警察が現れた時の違いは何でしょうか?制服ですか?何かがおかしいですね。
 皆さんはこのようなことを考えたことがないでしょう。そうでしょう?皆さんは政府のとても良い子供たちです。政府は皆さんの父ですか、それとも天使長ですか?政府は皆さんを守りますか、それとも従わせますか?(従わせます。)政府の位置は父母の位置ですか、それとも天使長の位置ですか?(天使長の位置です。)なぜそう言えるのですか?()天使長とは何ですか?(…)では、サタンは何ですか?エデンの園にはアダムとエバ、ルーシェルがいました。ではルーシェルは何でしょうか?アダムとエバの父ですか?(僕です。)その通りです。ルーシェルはアダムとエバの僕でした。神様が父ですね。しかし、ルーシェルはどうしましたか。僕の位置に留まりましたか、それともアダムとエバの主人になりましたか?(主人になりました。)先ほど政府は天使長の位置だと言いましたが、それはどのような意味でしょうか?政府は市民の僕ですか、市民の主人ですか?(僕です。)政府は皆さんの僕だというのに、なぜ警察は皆さんを監獄に入れることができるのですか?()誰が本当の僕ですか?政府、それとも市民?市民だと思う人は手を挙げてください。市民が主人だと思う人は手を挙げてください。市民が主人ならなぜ市民が捕まるのでしょうか?自分たちがつくったお金をなぜ税金として納めなければならないのでしょうか?普通だったら主人にそのようなことをさせますか?今の世界では、市民が僕だと思う人はもう一度手を挙げてください。皆さんは市民ですか?今手を挙げた人は、自分は僕だと言っているのですね?(笑い)この現状は問題ですか、問題ではないですか?(問題です。)その通りです。これは非常に大きな問題です。
 皆さんは政府のとても良い子供なので、政府の教育しか受けてきませんでした。ポップカルチャー、マスコミ、音楽、教育といった政府の教育を、幼稚園・小学校・中学校・高校、大学までずっと受け続けます。大学ではより一層ひどくなります。与えられるメッセジはすべて似たような内容です。ある先生は皆さんには選択する権利があるというけれども、実際は市民に選択肢など与えられていないのです。もし、A君が一生懸命勉強して、一生懸命働いて、少しずつお金を稼いだとしましょう。しかし、B君が突然現れて、稼いだ分から50%を私に渡さなければならないと言いました。そして、もし渡さなければA君を拉致監禁して刀で殺すと脅しました。この状況を皆さんは理解できますか?B君はA君のお金を盗もうとしましたか、盗もうとしていませんか?(盗もうとしています。)説得していますか、それとも脅迫していますか?これは良い状況でしょうか、悪い状況でしょうか?(悪い状況です。)善ですか、悪ですか?(悪です。) これはどうでしょう。A君が頑張って働いて稼いだお金を、今度はB君ではなく、政府が50%を渡せと言ってきました。渡さなければ、あなたたちを監獄に送ると言います。これはB君がやっていることと同じことですか、同じことではないですか?(同じことです。)B君は脅迫してお金を盗み取ろうとしました。なぜ政府は同じ行為をしているのにもかかわらず、私たちはそれを異なる行為として捉えてしまうのでしょうか?学校の先生やマスコミ、テレビでは、誰に問題があると言いますか?皆さんは何も考えずに生きています。こういったことを一度も聞いたことがないでしょう。皆さんは政府のとても良い奴隷です。「親の奴隷になっているのだ」、「親が私たちを抑圧してくるのだ」、「親が私たちに自由を与えない」、「宗教が悪いのだ」とよく言いますが、政府が悪いとは誰も言いません。そうですか、そうではないですか? 考えてみてください。親は皆さんを脅迫しながら、「お前が稼いだお金をよこしなさい」と言いますか?誰がそのように言いますか?(ヤクザです。)一人目はヤクザ。(政府です。)二人目は政府ですね。ヤクザと政府は同じ行為をしているのに、なぜヤクザは悪で、政府は善だと人々は言うのですか?(政府は社会の為に貢献しているからです。)ヤクザも自分たちは社会の為に活動していると考えていますよ。

 なぜ皆さんはペンシルべニアまで来て、さまざまな訓練を受けたのでしょうか?その理由の一番目は、皆さんは錯覚の中で生きているからです。皆さんは偽りの中で生きているのです。財閥やマスコミ、ドラマ、先生たちは皆さんに本当に有益な人生というものを教えてくれません。また、皆さんに自由を与えると嘘をつきます。大人になると、何一つ自由がないということに気づくでしょう。これは問題ですか、問題ではないですか?(問題です。)この状況を皆さんは変えることができますか?政府には巨大なパワーがあり、とても強いです。数人で変えることができるとは到底思えません。そうでしょう?(はい。)しかし実際は、そう感じさせているだけなのです。皆さんがここペンシルべニアに来て、所有権について考え、本当の資産とは何なのかについて初めて考えました。柔術の訓練をしながら、皆さんは錯覚の中で生きていたということに気づきました。銃の訓練もしました。日本では銃を撃つことができますか?(できません。)なぜですか?日本人もアメリカ人も、同じ人間ですよね?
 皆さん、日本の歴史では侍だけが刀を所有することができましたか?(はい。)侍は上級階級ですか、一般階級ですか?(上級階級です。)では、一般市民が刀を持っていることは危険なことですか?銃も一般市民が持っていたら危険なのでしょうか?()車は刀よりも危険な凶器になることがあります。最近フランスで自動車テロが起こり、多くの人が亡くなりました。(銃は人を殺すために作られましたが、車は移動するための手段なので、銃よりも危険ではないと思います。)あなたは良い奴隷ですね!(笑い)刀と銃は人を殺すという目的だけのためにあるのでしょうか?ではなぜ警察は銃を常備しているのですか?人を殺すためですか?弱い人を保護するためです。銃と刀は殺す目的のためだけにあるのではありません。人を保護するためです。ニューヨークやLA、シカゴなどの都市では銃の所有を不法化していますが、そこでの殺人率は高いでしょうか、低いでしょうか?とても高いのです。アメリカ内で上位です。銃の所有を合法化している都市では、殺人率が高いでしょうか、低いでしょうか?(低いです。) 

  皆さんは完全に洗脳されています。一般市民が危ないのであって、政府で働いている人は危なくない、と洗脳されているのです。皆さんが洗脳されているのは、皆さんが悪い子だからではなく、悪い教育を受けたのです。銃所有が不法の都市では殺人率が高く、合法の都市では殺人者も怖がり、殺人率が低いという現実を知りました。これは科学と統計なのです。さまざまな訓練は、皆さんを洗脳から解くために行いました。天一国の市民は王の位置の所有権、主人性を持たなければなりません。皆さんはいずれ一家の王にならなければなりません。人々は私のことを「王様」と呼んでいるでしょう。それは、お父様から王冠をいただいたからです。皆さんも、それぞれの家庭の王様にならなければなりません。妻は王女になるのです。政府は皆さんの主人ではありません。神様が皆さんの主人です。政府は僕です。もう行かなければなりませんね。ここでの経験を忘れてはなりません。皆さんは僕ではなく、主人なのです。そして、主人性を持って天一国を成す基盤にならなければなりません。最後に祈祷し、ハグしてお別れをしましょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

亨進様ヨナ様をはじめ、アメリカでお世話になったSCの皆様、中高生セミナーを支えて下さった皆様、本当にありがとうございました中高生セミナーの報告は以上になります。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

このページのトップヘ