日本サンクチュアリ協会青年部ログ

サンクチュアリ青年部は亨進様から頂いたみ言をもとに、 聖書勉強、み言勉強、バンド活動、農業活動、ブッシュクラフト、セミナー等 様々な活動をしていきます。このブログは複数人で投稿しています。

カテゴリ: 自給自足を目指して

こんにちは。ウコッケイです。

人間が生きるうえで必要な物の一つに「食べ物」があります。冷蔵庫や冷凍庫が当たり前となっている現代では「食べ物の保存」は簡単ですが、電気の無い環境では自分で「保存食」を作る必要があります。

なので保存食の1つ、燻製作りにチャレンジしてみようと思います。
燻製づくり自体は2回目で、1回目は一斗缶を用いて作製しました。

PhotoGrid_1481798189925


2回目となる今回は「土と植物」のみで作る「縄文式燻製」でアジの燻製を作ってみました。

まずは新鮮なアジを3枚におろします。( 初めて三枚おろしにチャレンジしました(¯―¯٥) )

PhotoGrid_1481797792278_1


燻製の方法としては、土を掘るだけなのですが
①火どころ
②空気の通り道
③魚を置くところ(今後 "置き場" と表記します)
④火どころと置き場を結ぶ煙の通り道
この4種類の穴が必要になります。

PhotoGrid_1481799185478_1


穴が掘れたら、笹や竹など網として使える植物を置き場の土に刺します。私はシュロの茎を使いました。(糸と太い枝を用いて穴の中に吊るす方法もあります)
できた網に魚を乗せ、大きな葉っぱなどで蓋をします。

PhotoGrid_1481800416940


あとは火どころで火を焚き、待ちます。
(この時、置き場から煙が出ていることを確かめます。)

P_20161211_144233_1


今回なかなか置き場から煙が出ませんでした…どうやら火どころの穴の形状と、火どころから置き場へ続く煙の通り道の位置が悪かったようです。
(火どころの形状を壺型にし、煙の通り道をもう少し高い位置に掘れば良いのではないかと思います。)

なのでトタンで蓋をし、うちわであおいで地道に煙を送り続けました(;´Д`)
そんなこんなで2時間程経った後、置き場の蓋を開けてみると…

PhotoGrid_1481800655273_1


"そこそこ燻されたアジ"が出てきました(笑)
今回は時間の都合上2時間程度しか燻せなかったこと、上述の通り煙が上手く伝わらなかった事があり、完全な燻製とはなりませんでした。
しかし味はしっかり「燻製」でした!

完全な「保存食」とするには、長時間じっくり燻したり、数時間燻したあと乾燥させるのが良いと思います。

今回の燻製づくりは悪戦苦闘しました。
風を読むこと、煙の動き・空気の流れ方等をもっと学ばなければならないと感じました。
何事も経験が大切ですね🌱

これからも様々な事にチャレンジし、不測の事態が起こっても適切に対応できるようになりたいです。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

こんにちは。ウコッケイです。
今日は「手作りオーガニック紅茶」について書いてみようと思います☕

P_20160514_110820_1


私の自宅周辺には茶畑が多く、5月になると祖父母を中心に新芽を刈り取り、1年分のお茶を作ります🍵
20160512_141621_1

その姿を見ながら、緑茶やほうじ茶が自宅で作れるなら紅茶も作れるのではないかと思い、調べてみました。すると紅茶は緑茶と同じ茶葉から作ることができ、新芽ではなく固くなった茶葉から作れると分かったので、実際に「手作りオーガニック紅茶」を作って見ました。
作った時期は7月と10月です。

紅茶を作る場合、晴天で気温の高い日が望ましいです。

【手順】(写真→左:7月 右:10月)
①:茶葉を摘み、1日乾かす。

PhotoGrid_1479384103874


②:醗酵させる為に茶葉に傷を付ける。傷は付ければ付ける程良いので、徹底的に傷をつける。
(7月は量が少なかったのですり鉢とザルで、10月は量が多かったので機械で行いました。)

PhotoGrid_1479384212218_1


③:ザルに茶葉を乗せ、濡れタオルで覆い、ビニールで包む。そして室温の高い車に3~4時間放置する。

PhotoGrid_1479384369010


PhotoGrid_1479384671468_1

(10月は気温が低いせいか、醗酵がやや不十分だったように感じます。)

④:鍋で炒るか広げるかして乾かす。

⑤:乾いた茶葉を瓶やタッパーに入れて保管➡完成!!
飲む際は再度炒った方が良いです。そして、1人前3gを目安にお茶パックに入れてお湯を注ぎ、5分程度蒸すと美味しくいただけます(^^♪

PhotoGrid_1479384785060


思ったより簡単に作れました♪

茶畑では一切農薬を使用していないので、完全オーガニックの紅茶になりました。手作りの紅茶ですが、味も満足いくものだったので、今後は新茶を刈る際に紅茶用の茶葉も刈り取り、紅茶作りをしていきたいと思います( ´∀`)

茶葉を見ながら、「どうして昔の人はこの葉を湯に入れて飲もうと思ったのか」「どうして美味しく飲める方法を見つけられたのか」「神様からの啓示でもあったのだろうか」「神様も面白い飲み方を考えられるなぁ」「そもそも神様が計画された通りの方法で私はお茶を飲んでいるのか?」など、疑問や神様の創造性の素晴らしさを感じます。

自然は面白いですね。
これからも口に入れるものには気を遣い、神様から頂いた体を守っていければと思います(^o^)✨

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

こんにちは。ウコッケイです🐔

以前烏骨鶏について記事を書いた際、「秋以降に卵を産む」と、書かせていただきました。
そして、ついに…9月15日から卵を産むようになりました!!小屋の掃除をするために扉を開けたらポツンと産み落とされていました(笑)
P_20160917_071421


朝が苦手ながらも毎朝早起きし餌を与え、料理をしない私が烏骨鶏の為に台所に立ち、雨の日も風の日も鶏舎に通い…そうやって雛から育てた烏骨鶏が大きくなり、成熟し、卵を産み始める…その成長にとても感動しました(TT)
一連の事を通して、烏骨鶏に母性を育ててもらった気がします。また、苦手な事を克服できるよう訓練を受けている気分です。本当に神様は自然をもって私を教育してくださっていると感じます。

回収した卵は卵かけご飯やゆで卵にして食べました。卵の味は濃厚で美味しかったです(^^)
現在2羽が毎日交互に産んでいる状況です。
PhotoGrid_1477570435630


以前も紹介しましたが、餌は基本的に自作&タダです。最近はご近所さんから要らなくなった安納芋や宿儺カボチャをいただき、それを食べさせていました。私よりも良いものを食べている気がします(笑)
P_20161003_231753


卵1つ獲るのにどれ程の苦労が必要なのか、卵1つがどれだけ尊い物なのか身を持って実感しました。

これからも神様が与えてくださる環境に感謝し、より良く活用していきながら生活したいです(^^♪

P_20161004_091057_1


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

こんにちは。ウコッケイです🐔
亨進様の御言を聞いて庭やプランター、畑などで野菜を育て "食の自給" を目指し始めた方がみえると思います。私もその一人です。

我が家には現在、大小合わせて4つの畑がありますが、私はその中で1番小さい畑を祖父から譲ってもらい、無農薬・無肥料の野菜を育てようと努力しています🌱
P_20160701_100642


自給自足で生きていこうと思うと、種を毎年「買う」のでは無く、自家採取した種から育てなくてはなりません。
そこで自給自足に適した種を調べました。種は大きく分けて3種類あります。

①【F1種】:遺伝的に違う特徴をもつ二種類の親を掛け合わせ、1代雑種と呼ばれる。形が良い、収穫量が多い、日持ちが良いなどの利点がある。しかし次の世代には良い特徴も悪い特徴もでてしまう。大量生産向きであり、1代限りの種にする為に雄しべが発達しないよう改良されたものもある。有機農栽培には向かない。

②【在来種】:長い期間その地方で栽培され、その地方にあった品種となったもの。

③【固定種】:良い種を選別していき、比較的同じものができるようになったもの。ある程度品種が固定されている。

〈参考:パーマカルチャー菜園入門・家の光協会〉

以上のことから、今後自給自足をしていく上で選んだ方が良い種は「在来種・固定種」だと言うことが分かりました。
なので今回、インターネットで農薬や化学肥料を使わずに栽培・採取された固定種の種を買ってみました。(通常の種売り場でも買えます。)
P_20160904_160543


現在すくすく育っているのは小豆とソバです。
PhotoGrid_1472973891469

秋まきの種は、上の写真(+α)とたくさんあるので、畑仕事が忙しくなりそうです💕

「野菜を育てる方々と、様々な種の交換会ができれば素敵だな〜」と、思いながら…
これからも自給自足に向けて頑張ります(^o^)v

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

初めまして。ウコッケイと申します。都市から離れた片田舎で亨進様・國進様の言われる自給自足を目指し日々奮闘しています
初投稿の内容はハンドルネームの由来となった「烏骨鶏」と「肉」について書きたいと思います。

【肉の自給の必要性】
亨進様が遺伝子組み換えの害を説教で語られていますよね。遺伝子組み換えと聞くと私は植物のみを連想していましたが、調べてみると日頃食べている肉にも遺伝子組み換えが深く関わっていると知りました…家畜のエサとなる穀物は外国産の遺伝子組み換え作物であり、私達は肉を通して間接的に大量の遺伝子組み換え作物を食べていることになるようです(〇o〇;)
なので神様からいただいた体を守る為に、オーガニックの肉を自給できる準備をしなくてはと思いました。

【肉を得る方法】
オーガニックの肉を得る方法は3つあると考えます。1つ目は「飼育」2つ目は「狩猟」3つ目は「安全な飼料で育てている生産者を探す」です。亨進様はご自宅でウサギを飼っておられますよね(^-^)
私は卵と肉を得るために、5月から烏骨鶏を飼いはじめました。(卵は秋以降に産むそうです)
烏骨鶏は比較的鳴き声が静かですし卵を孵化させるのが上手なので、飼うに利点が多いと思います。
P_20160807_172614

P_20160831_163043

市販の飼料は遺伝子組み換え作物が使われている可能性が高いので、自作の餌で育てています。この日はオカラと庭や畑でとれた果物、かぼちゃの端くれです。他に米ぬかや牡蠣殻等も与えます。餌代は月に0円~100円程度です。

そして先月、狩猟免許(ワナ・散弾銃)の試験に合格することができました冬にイノシシや鹿を捕獲出来たら良いなと思っています。
P_20160617_093408

狩猟免許の試験は猟友会が主催している講習会に参加し、そこでいただいたテキストで勉強すれば合格できるので、興味があるかたは是非…(^^)/

私自身、始めたばかりで分からないことだらけですが…少しは肉の自給に近づけたかな?と思います。
自給自足にはまだまだ届きませんが、今後も王様が願われる自給自足生活を実現する為に努力していきたいです!

また、農業やブッシュクラフト等を通して得た内容や情報をこの場で共有させていただければと思いますm(__)m

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村

このページのトップヘ