日本サンクチュアリ協会青年部ログ

サンクチュアリ青年部は亨進様から頂いたみ言をもとに、 聖書勉強、み言勉強、バンド活動、農業活動、ブッシュクラフト、セミナー等 様々な活動をしていきます。このブログは複数人で投稿しています。

カテゴリ: ブッシュクラフト

こんにちは。ウコッケイです。
今回は「タープ」と「ソーヤーミニ」について書こうと思います。

ブッシュクラフトやサバイバルで一夜を過ごしたり雨風をしのぐにはタープと言うテント生地の大きな布があると便利です。タープはロープやペグを使うことによって、雨よけ・日よけになったり簡易テントになったりします。実際に「Aフレーム」と言う張り方をしてみました。

PhotoGrid_1480857929638_1


ペグを買ったり作ったりする時間が無かったので固定が甘くなり、「なんちゃってAフレーム」になってしまいましたが、しっかり雨や風を防げそうでした。今度はここで一夜を過ごしてみなくてはいけませんね(^_-)

色んなメーカーのタープがありますが、私はDDHammock社の「DDタープ(3m×3m)」をインターネットにて、11,880円で購入しました。
タープは場や用途に応じて様々な形に張れます。
Aフレームという張り方は前後が外から丸見えの形になりますが、外からあまり見えないテント型の張り方等もあります。

また、緊急時には水の確保が大切です。朝露を集める方法や葉にビニール袋を被せて水を得る方法など色々ありますが、今回は「ソーヤーミニ」という手のひらサイズの浄水器を使用してみました。(本体の横にある紐付きの革は自作のカバーです)

PhotoGrid_1480857009401_1


ソーヤーミニは亨進様も持っておられ、様々なブログでも取り上げられている浄水器です。(大腸菌やバクテリアを取り除いてくれますが、細菌よりも微細なウィルスや重金属、放射線等は濾過できません)

ソーヤーミニは本体をペットボトルや付属のパウチに連結させて使用することができますし、ストローが付属されているので本体に連結させ、水源から直接水を飲むことも可能です。(Amazonにて正規品:4320円 並行輸入品:2600円~)

この日は山水をペットボトルに溜め、ソーヤーミニを装着して使用しました。
そして濾過した水を使ってコーヒーを淹れました。
(お腹を壊すことはありませんでした 笑)

PhotoGrid_1480859149867


コーヒーはブッシュクラフトの本場フィンランドでの淹れ方を参考にし、山から切り出した竹をコップの代わりにしていただきました。

IMG_-cnfqrv


フィンランド式の淹れ方とは、ドリップ用の粉コーヒーを鍋の中の水にそのまま入れて火にかけ、上澄みだけをいただくという方法です。

PhotoGrid_1480864906882


夕焼けと紅葉で輝く自然を見ながら飲むコーヒーは格別です(^O^)

できれば週に一度、自然の中で神様と遊ぶ日を作っていければと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

こんにちは。ウコッケイです。

今回はブッシュクラフトや災害時に便利な「五徳付きアルコールストーブ」を靴墨の缶を再利用して作ってみました。
P_20161105_161033_1


※ここで紹介するものは私がインターネットで検索した方法に基づいて作製したものです。使用して不具合はありませんでしたが、"確実に安全である"と断言できませんので、作製される際は自己責任でよろしくお願いいたしますm(__)m

【準備物】
PhotoGrid_1478246854196


・靴墨やニベヤ(クリーム)等で使われている、蓋付きの丸い缶
・上記の缶より一回り大きい丸い缶(蓋無し)
・グラスウールやカーボンフェルト等の燃えない繊維
・コットンロープやランプの芯になるようなロープ(もしセラミック繊維のロープがあれば尚良い。又、コットンロープは燃焼が切れ始めると燃え始める。)
・ハンガー等の針金
・手袋(グラスウールや缶の断面で手を痛めるのを防ぐ)
・ペンチ
・缶を切るハサミと缶切り
・燃料用アルコール

私の場合、ロープと燃料のみ購入したので、合計1500円以内で収まりました。ロープも燃料も今後使う機会がある物なので買って損はないかもしれません。

【作り方】
〈アルコールストーブ本体〉
①:靴墨の缶より少し厚く切ったグラスウールをはめる
P_20161103_194938


②:一回り大きい缶の底を切り抜き、靴墨の缶にはまる大きさに調節する。

③:②で切り抜いた材料に8ヶ所の切込みを入れる。この時、ロープの幅よりやや狭く切込みを入れる。長さは測っていないが、ロープを3回巻き付けられる適度の長さに切込みを入れる。
P_20161103_185055


④:ロープを写真の様に巻き付ける。一周したら逆向きに同じように巻きつけていく。
PhotoGrid_1478261988107


⑤:④で作製した物を①にはめ込む
P_20161103_200929


⑥:蓋が閉まるか確認

〈五徳〉
①:針金をペンチで曲げて波をつくる。(ペンチの幅に合わせて直角に曲げていく)(本体の大きさによって波を2~3つくる)
P_20161103_204048_1


②:2~3回波をつけたら、直線部分を作りもう一度2~3回波を作る。(直線部分の長さも本体のサイズで変わってくるので、少しずつ調節しながらやる)

③:②の針金を円形にすると五徳になる。五徳に鍋が乗るか確かめる。
P_20161103_220630


五徳は缶の上に取り付けられます。
P_20161103_220925


以上の方法でアルコールストーブを作って見ましたが、本当に使えるか実験してみます。

今回は家で採れた烏骨鶏の卵をゆで卵にしてみます🐔
P_20161104_140302

五徳を設置し燃料用アルコールを中央から注ぎ、着火🔥‼(測らずに適当に注いでしまいました…危険ですので少量ずつ試してください)

卵を入れた鍋を五徳に乗せてみると…
P_20161104_140557

しっかり鍋が乗りました。火力も落ちていない様です。

1分程度で気泡ができ始め、10分程で火を止めて鍋に蓋をしました。
P_20161104_141419


アルコールストーブは理科の授業で使うアルコールランプと同じ要領で消しました。(五徳をどかして鍋の蓋をポン!)
P_20161104_141754


蓋付きのアルコールストーブなので蓋をしてしまえば知らぬ間に発火していた!と、言うような不足の事態は防げます。

ちなみにゆで卵はしっかり火が通っていました🐣
剥き方が汚いですね…笑
P_20161104_165740_1


また、アルミ缶を1~2本使って作るアルコールストーブも作製しましたが、ジェット孔から炎が出ず、本燃焼がうまくいきませんでした…😅
PhotoGrid_1478247261251

また作り直して見ようと思います。

このアルコールストーブは手のひらサイズでコンパクトですし、五徳も付いているので使い勝手が良いです。いざと言うときに1つあると便利かもしれません😆
P_20161103_221110


両方ともYouTube等で紹介されているので、興味がある方は是非作製してみてください。

世俗的な悪魔崇拝の祭りを準備し実施するのではなく、ブッシュクラフトを学び、アウトドア用品を集め、仮庵の祭りをしなくてはなりませんね。
全て失ってもお父様を掴み荒野で生き延びる為の訓練、そして準備を頑張ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

こんにちは。ウコッケイです🐔
私は2016年2月にPAで行われた国際青年セミナーに参加させていただきました。
その時亨進様が「非常事態の時…」と、様々な道具を見せてくださいました。
また、亨進様のブッシュクラフトの動画から沢山刺激を受けました。

※ ブッシュクラフト:自然環境の中における『生活の知恵』の総称。サバイバルは『帰還』を目的とし、ブッシュクラフトは『生活』を目的としている。‹Wikipediaより抜粋›

今回は青年セミナーで見せていただいた物の中から1種類、動画で拝見した物から1種類、自作してみました。

1つ目は「火打金・火打石とチャークロス(炭化綿)」です。野外で火を起こせなければ、呆気なく死んでしまいます。なので火起こしの道具を沢山持っておくに越したことはありません。
火打石・火打金、チャークロスは亨進様が原始的な火の付け方として見せてくださいました。また、これらを入れる袋を革で制作しました。

PhotoGrid_1473298576533


作り方は以下の通りです。火打石は鋼より硬い石であれば良いようです。私は庭に転がっていた"チャート"という石を使用しました。(ヤスリの削り方がだいぶ雑なので意味があったかは分かりません 笑)

PhotoGrid_1473263605754


しかし火打石では火花の温度が低いので、火が移りやすい火口を制作する必要があります。それがチャークロス(炭化させた綿)です。

PhotoGrid_1473264452815


途中缶の蓋が膨らんできて、慌てて火からだし蓋を開けてしまいましたが、なんとか制作できました。

それでは実践…火打石にチャークロスを重ね、火打金を打ちつけます!

PhotoGrid_1473299064871


無事成功しました🔥
野外での生存確率も若干上がりました(笑)

2つ目は「木製スプーン」です!
亨進様の木製スプーンを見て欲しくなったので作りました(^o^)✨

PhotoGrid_1473265650853


スプーン・フォーク・ナイフです。(フォークとナイフはナイフ1本で制作しました。)サイズがバラバラですが、作り方が分かったので、趣味で改良版を作ろうと思います。また、野外で実際に使ってみましたが、なかなか便利でした。

PhotoGrid_1473266788351


神様が創造してくださった自然は宝の山だと実感しますし、自然を有効に活用しながら生活することがとても楽しいです。
これからも自然の中で生きる知恵や非常事態を乗り越える知恵を習得していきたいです。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ

このページのトップヘ